完全ブログ宣言

もうひとつ先へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

読書 ~独唱~ (ド苦笑)

大統領図書かーん

このコーナーでは大統領オススメの本をどんどん紹介していこうと思います。参考にするかしないかはあなたしだい。ここでは本のさわりは敢えて書かないつもりです。俺だけかもしれんけど、本屋で本の背表紙読んで、「おぉ、おもしろそう!」って感覚が好きなので。めんどくさがりービンカーンですが、決してそーゆーことじゃないんで悪しからず。


一発目は今完ブロ内でも人気急上昇中?の東野圭吾氏の本をいくつか。

『白夜行』
一番好き。最高傑作。スケールのでかさがスゲーだけにかなり分厚いけど気にならない。読み終えた後しばらく何もする気がなくなった。余韻に浸りたくなるよ。それだけにこれを一番最初に読むのはお勧めできませんが…

『むかし僕が死んだ家』
フカワ君もオススメだとか。この本は異色だと思う。なぜなら登場人物はたった二人。天才東野圭吾だから書けるミステリー。厚さも手ごろだからさっと読めます。

『宿命』
この小説の最大の魅力は最後の1行。だからって先に読んじゃあダメよ。

『私が彼を殺した』
こんなんあり?ラストで犯人が明かされない小説。まさに賛否両論。俺はありだと思う。文庫本には推理の手引きってのがあるから自分なりに推理しました。かなり自信あります。

『ある閉ざされた雪の山荘で』
現実?芝居?どっち?最後まで振り回され続けます。女の子に振り回されるのはあんま好きじゃないけど、東野圭吾になら…


なお、これオススメってのがあればどんどん教えてください。もちろん東野圭吾の作品以外でも。では本日はこれをもって閉館します。




最後に『白夜行』1月からドラマらしいです。小説の映画化やドラマ化には反対な大統領なんで見るかどうかは微妙です。ドラマ化するんなら1年かけてやってほしい。それくらいの作品なんで。ちなみにキャストは山田孝之、綾瀬はるか。さぁ吉とでるか凶とでるか…

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今『宿命』読んでいます。私は『放課後』もなかなか良かったなぁ~ 結末は、「はっはぁ~ん。そうきたかぁ。」って感じだったし。『白夜行』のドラマ化、もちろん知ってます!ドラマが始まる前に読むべきですよね☆

フカワ君 | URL | 2005年11月21日(Mon)12:56 [EDIT]

確かにまんが、小説の映画化、ドラマ化はおれもあんまり…。少なからず原作と変えられちゃうし、自分中のイメージぶっ壊されるし。あいにく“別物”とすんなり受け入れられるほどやわらかいオツムも広いココロも持ち合わせてねぇもんでさ。

アルコ | URL | 2005年11月21日(Mon)13:15 [EDIT]

その小説が好きな人にとって小説のドラマ化は酷よな。俺はマンガのアニメ化にも反対派の人間っす。
でも最近ネギまにハマってるってのはどうゆうことでしょうね?

東野圭吾さん。「イイ!」って声はよく聞きます。でもあまりにも有名すぎて手に取る気が起こらない素直なじゃないJ。“大統領推薦!”なんて帯に書いてあったらビビるね。こりゃ読まなっ。

3110 | URL | 2005年11月21日(Mon)15:36 [EDIT]

>フカワ君
白夜行はぜひ読むべき。ただドラマが原作を読んだ人でも納得できる内容になるのかが不安。そして山田孝之は主人公じゃない役のほうが合ってる気が…

>アルコ
よな。でもそんな世間?の声を無視するかのごとく映画化・ドラマ化ブームよな。なんだかなー

>3110
ネギまってのはよー知らんけど、3110の弱いとこをうまくついとるんじゃね?
俺も流行っとるものにはなかなか手を出さない男。そしてブームが終わりかけるときに手を出す男。

大統領 | URL | 2005年11月22日(Tue)12:25 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。