完全ブログ宣言

もうひとつ先へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ある夏の一日

先の虹原君の記事で、記事になりそうなことを思い出しましたので初投稿させていただきます。
どうも、モランボンです。ヤギ・カルロス容疑者とは結構家が近所であったりします。

今年の七月末のことです。
T波大学に通う某蒼い野獣くんは三学期制のために、この中途半端な時期に夏休みを迎えているという可愛そうな状況にありました。(この時期には大抵の大学はテストの真っ最中で誰も地元には戻っておらず、たとえ地元にいたとしても誰かと遊ぶなんて出来っこない状態なのです)
「あいつに一人で休暇を過ごさせるのは忍びない・・・。」
そう思った僕はこの期間は地元倉敷から大学に通い、昼は大学でテストを受け、夜は地元で豪遊するという、それはもうまさに悪魔が入ってきて体をあやつりましたといわんばかりの生活を送っていました。

そんな生活も二日あたり過ぎた日のことでした。
僕はその日のテストを終え、いつものように、ふらふらと最寄の駅まで自転車で向かいました。その前日には、蒼い野獣と肉男さんと某七区小学校のプールに深夜に忍び込んで全裸で泳ぐという暴挙にでていたせいで、既に体力は限界でしたが、僕は倉敷に帰らなくてはいけないのです。蒼い野獣が僕の帰りを今か今かと待っているのです。
駅に着き、自転車を駐輪場に停めたとき誰かに声をかけられました。
「あ、モランボンくん!なにしてんのこんなところで。」
誰だよ、と声のしたほうをみるとS先輩(女性)でした。S先輩は大学の同じ学科のひとつ上でフットサル部のマネージャーをしています。僕はたまにフットサルに参加することもあるので、S先輩とは面識がありました。元々僕はS先輩にあまりいい印象をもっていなかった為(常識外れの言動を執拗に繰り返す人だったのです)、僕は、この先輩とはあまり関わりを持たずに早々に電車に乗ろうと判断を下しました。
「いや、ちょっと行くところがあるんですよ~。電車時間やばいんで失礼します。」
出来るだけ失礼にならないよう言葉を選びながら(大学生になり、この僕もそういうことが出来るようになったのです)、一礼してその場を立ち去りホームへと向かいました。

うとうとしながらホームで電車を待っていると、向かいのホームにS先輩がやってきました。S先輩は男の人と一緒にいるようで、なにやら談笑していました。
彼氏かな~、やるねぇS先輩。などと思いながら二人の話す様子を眺めていました。2分くらいそうしているうち、二人の様子は一変し口論を始めました。おい、喧嘩か、こんなに人前でやるなよ、、とか思いながら傍観者を決め込んでその様子を見ていたのですが、そのうち男の方がS先輩の腕をねじり上げました。いや、流石にそれはダメだろ。僕はあまりトラブルに関わりたくなかったのですが、仲裁をする為向かいのホームに急いで向かいました。

「ちょっと落ちついて下さいよ!なにやってんですか。」
男は頭に血が昇りきっているらしく、ほんとに「なにやってんですか」、な状態でした。しかしなんとか落ち着かせることを試みて、人目のない駅郊外に二人を連れていき、話を聞くことにしました。
「暴力とかはあんまよくないですよ、、」
部外者が口を挟むのもよろしくないのではと思い、かなり控えめに言ったのですが、男は聞く耳を持ってくれません。
「この女ふざけてやがる・・・ふざけてやがる・・・。」
こいつ薬でもやってんじゃねぇか・・・?男のほうはとりあえず話にならないようだったのでS先輩から事情を聞くことにしました。S先輩はかなり驚き怯えてる様子でした。可愛そうに・・・
「私はただ、O道駅まで行く電車のお金が足りなくて、この人に電車のお金をちょっとだけ頂戴って言ったら、車で送ってやるってしつこくて、、気持ち悪いって言ったら腕をひっぱられて、、、意味わかんないよ。」
え??
「この人は見ず知らずの人なんですか!?」
「うん・・・」
なんてこったい。

薬をやっているのはS先輩のほうでした

僕は呆れ果てて(驚き果てて)もう一刻も早くその場を立ち去りたかったので、S先輩に電車代を渡し、男に謝り帰ってもらいました。
「ごめん、お金は返すから・・・」
「いや、いいですから早く帰ってください。」
こうしてS先輩と僕はそれぞれの帰路につきました。

疲れ果てて倉敷に帰り、癒しを求めて蒼い野獣に電話しました。
「野獣、帰ったよ~・・・今日はどうする??」
「ごめん俺今日地元の友達と遊ぶわ。」

もう寝よう。すべてを忘れて寝よう。
あ~しかし勉強せねば、、、
本当に災難な一日でした。



あ、お金は後日返ってきました。野獣くんもちゃんと謝ってくれました。S先輩とはもうあまり関わりはないです。

初投稿で慣れないで時間がかかりました。長文失礼しました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

カルロスキター!じゃなくてモランたんキターー!!
個人的には甘~くてくさ~い詩とかの投稿も期待しています。あなたが中学生の頃書いた「刻の大地」という詩、、、感動した!!

S先輩の言動に少々興奮を覚えてしまった私、ビデオの見過ぎですね。すいません。。

3110 | URL | 2005年12月05日(Mon)12:19 [EDIT]

やっときたか、相棒。
>出来るだけ失礼ににならないよう言葉を選びながら~
あの、あのモランボンが…大人になったじゃねぇか。

大統領 | URL | 2005年12月05日(Mon)13:23 [EDIT]

ヤギ・カルロスさんお待ちしてました。(v-156時事的に非常にまずくないだろうか?)
あのころの僕らは非常に濃密なDAYSを過ごしてましたな。しかし我々もいい大人。20歳にもなって、誰もいない月の浮かぶプールに忍び込んで、音を立てていたなどということはあまり白日の下に晒すべきではないのでは・・・?

蒼い野獣 | URL | 2005年12月05日(Mon)13:26 [EDIT]

そんなHARDな体験をなさったのなら、別に無理して帰る必要は無かったのではないですか?蒼い野獣さんも数少ない休みなんですから、喪欄煩さん以外にも会いたい人がいたんだと思いますよ。

頭を冷やしたナッパ | URL | 2005年12月05日(Mon)13:38 [EDIT]

「刻の大地」 興味はつきませんな。連載キボンヌ!

李白 | URL | 2005年12月05日(Mon)17:22 [EDIT]

S先輩のSは、スピードのSじゃな。

夜回り先生リスペクトのひとしこいしでした。

ひとしこいし | URL | 2005年12月05日(Mon)21:07 [EDIT]

いい体験してますねぇ。羨ましい。
そのS先輩個人的に知り合いたいです(距離を置いて)
観察しがいがある。
男もなかなか変態ですね。そこまでしなくても。。。ねぇ。
キチガイが多くて楽しそうです。
俺もがんばるぞ。

照明助手 | URL | 2005年12月06日(Tue)03:46 [EDIT]

>3110
え?刻の大地?頼朝フォーエバーラブ?THE神秘?なんのことです?

>大統領
兄貴とは、もうかれこれリアルに2年くらい会っていませんよね・・・。少しばかり成長した(であろう)僕を楽しみにしててください!

>蒼いナッパ
これからの休暇はお互いにきっちり連絡をして、有意義に過ごしましょう、またあの七区小でのモノマネをみせてください。

>李白
勘弁してください・・・。あなたの書く美しい漢詩もお待ちしております。去年は中国文学のテストであなたの作品に苦しめられました。今年は三国志演義です。

>ひとしこいし
そうです、ちなみに薬もスピードを常用されているらしい?です。
あの漫画家はうつ病になりもう何年か引き籠もってしまっているらしいです。

>照明助手
スポイルされて育つと、本人は後々苦労するよね・・・。やはり人生苦渋を多く味わった方がいいのでしょうか。
キチガイが多くて楽しいです。俺もがんばります!

モランボン | URL | 2005年12月06日(Tue)12:58 [EDIT]

昔は、にらまれたという理由だけで全く見たこともない後輩をボコボコにしたあなたが、その時に誤って歯を殴ってしまい手から大量出血したあなたが、人のケンカを止めたというのには驚きです。大人になりましたね…。。

愛媛大学GK | URL | 2005年12月06日(Tue)15:49 [EDIT]

モノマネではなく本物のターンを御覧に入れようか?

石井幹二 | URL | 2005年12月06日(Tue)16:28 [EDIT]

>愛媛大学GK
なにその極悪人( ̄□ ̄;)!!

>もとじ
期待しております。

モランボン | URL | 2005年12月07日(Wed)11:00 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。